【回線やスマホの営業】ノルマがある営業はキツすぎる。おかしい事をおかしいと思えなかった毎日。

【回線やスマホの営業】ノルマがある営業はキツすぎる。おかしい事をおかしいと思えなかった毎日。

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
28歳

【当時の職業】
回線やスマホの営業

【当時の住まい】
彼氏と2人でマンションで同棲。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
当時はお給料が良かったのと、仲のいい知り合いからのオススメで人が足りてないから、自分自身もちょうど職を探していて就職しました。

【環境と仕事内容】
スマホや回線の販売営業で家電量販店に来店されたお客様に各フロアで話しかけスマホの新規、機種変更、お乗り換えのご提案とご契約。
自宅の固定回線の新規、乗り換えの契約受付。
各店舗のリーダー兼店舗への交渉役。
職員は各店舗に散らばっていますが500人ほど。
リーダーポジションで各店舗の販売の営業や店舗への交渉をしに回っていました。
休日は平日2日。
年収320ほど。
週末は高速道路を使い自家用車で泊まりと出張。

【大変だった時期】
28歳の頃から、週末も泊まり出張が増えてき、上司のお仕事を代わりに自分がするようになってから。




【大変だったこと】
足を骨折して片足で松葉杖になっても、片足で立ち業務接客の強要。
片足があれば高速道路を運転出来ると言われ、片足で運転して出張の指示を上司の独断でだされました。
平日の休みの2日は、各家電メーカーなどの新商品案内などのイベントや勉強会があるので休みの日に参加して勉強会に参加しました。
実質休みという休みがあまり無かったです。
お昼ご飯はご飯を忘れても外に1歩も出る事の禁止(これも上司とある1店舗だけの独断)
おばあちゃんが心筋梗塞で危篤の時に病院からの連絡が来て、有給を使ってお休みを希望した所、10万円もイベント参加費に使ったから、仕事を休むのは許さないと言われ、おばあちゃんが危篤の時に泣きながらお仕事をしました。
有給が希望の日に取れない。

【大変だった期間】
特にひどかった職場環境の期間は28歳から退職する34歳までです。




【当時の心境】
お休みの日に知らない人が視界に入るのがとても苦痛でした。
知らない人を見ると動悸が走るようになり、苦しい苦しいと思い同期も3人鬱病になり(1人は入院)余計それも重くのしかかって上司に相談してもそんなに大した事じゃないと言われて、他に仕事を転職した事も無かったのでこれが普通なのかと当時は思っていました。

【職場が大変だった原因】
1番の原因は直属の上司が原因です。
更に上に報告せず独断で物事を進めて私に支持していました。
会社の体制が良くなかった事です。




【仕事で良かったこと】
尊敬している大好きな同性の先輩が居たので、現場では分からない時や困った時は助けてもらったり優しくしてくれていたのでとても嬉しかったです。
お客様と仲良くなり信頼してくれて、お客様を紹介して頂ける時はとても嬉しかったです。




【特にひどかった最悪の出来事】
自分が足の骨折をして、片足だけしか使えず全治3ヶ月の松葉杖での生活が決まった次の日に、「片足が使えるなら、車運転出来るよね。
明日から週末、高速道路に乗って泊まりで出張してきて」
と言われた事です。
そして、おばあちゃんが危篤で病院から呼び出しがあった時に、お店のイベントの方が大事だからと言われ病院に行く事も許して貰えませんでした。
全て、会社の上の指示かと思っていましたが、全て直属の上司の判断でした。
それを会社の判断かの様に指示をしてきました。
その翌週の同じ内容のイベントの時に、その判断を下してきた上司は、趣味仲間達との合同演奏会が県外であると言う理由でイベントの日に有給を取られました。
身内が危篤で病院の呼び出しまであったのに休むことは許されず、自分の趣味で休むことをされたのが最悪の思い出です。
が最悪の思い出です。




【相談した人・助けてくれた人】
相談した人は、ちょうど店舗に視察に来ていた別の部署の上司が私の片足で長時間立って接客している姿を見て今すぐ帰って休めと言ってくれ、車の運転も禁止にしてくれました。
おばあちゃんの危篤の時も、別の部署の上司に連絡し、直属の上司を叱ってくれて途中から病院に行く事が出来ました。

【改善のための行動】
昔からなにかあってもグッと我慢する方でしたか、さすがにおかしいと思い違う部署の上司に相談をし、助けて欲しいと声をあげた事を頑張りました。
当時はそうゆう思考能力や判断能力を失っていたので小さな事でも違和感を感じたら相談すると言う事を頑張りました。




【現在の状況と心境の変化】
それから仕事を辞め、他の仕事に着いた時に、お昼ご飯はまともに食べれて、休憩も取れ、ちゃんと意見を聞こうとしてくれる職場に転職出来たので、本当に前のところはブラック企業だったのだなと、職を変えて実感しました。
他の事を考える、楽しむという事がプライベートでもちゃんとお休みが取れ出来るようになって心の余裕や考え方の余裕が出るようになりました。

【学んだこと】
おかしいと思ったら、客観的な意見を聞いて相談すること。
日々の仕事はどんな感じか家族に話したりする事。
精神を追い詰められてまで仕事をするなら転職を考える決断を早くする事です。



【当時の自分へのアドバイス】
ちゃんと労働基準法に違反していないかを調べたり、周りの知識ある大人達にもっと早く相談して声をあげてほしいです。
言われてひどかった内容は全て録音しノートも記録しておいてください。
そして、早くその仕事場がおかしいと言う事を伝えて早く転職するように、素晴らしい会社は山ほどあります。
と言うアドバイスをしたいです。