新築アパート飛び込み営業。30歳女が未経験で飛び込んだ業界。敵はお客さんでなく、社内の人間関係だった

新築アパート飛び込み営業。30歳女が未経験で飛び込んだ業界。敵はお客さんでなく、社内の人間関係だった

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
30歳

【当時の職業】
新築アパートを建てる営業。民家に飛び込み訪問をして土地の所在や家族構成など聞き出し営業をかけます。

【当時の住まい】
賃貸のアパートに一人暮らし。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
動機は給料が良かったからというのが1番です。
前職は教育関係の仕事でしたが年収は300万ほど。
役職に就いてもなかなか給料は上がらず貯金も貯まらなかったので、30歳を機に転職をしようと考えていました。
特にやりたいことも、逆にやりたくないこともなかったので年収重視で転職活動をしていました。
資格や経歴関係なく初年度から1000万以上稼ぐ人がいるという求人のうたい文句に惹かれ試験を受けてみることに。
1日の体験入社が必須でその後、面接に進む流れでした。
なんとなく感じもよさそうな先輩に1日同行させてもらい、できるところまで続けようという安易な考えで入社を決めました。
試験は、すごく簡単な筆記試験でびっくりしたのを覚えています。
漢字と計算問題だったと思います。
面接は、支店長面接とブロック長面接という2つで圧迫面接などではなく雑談の様な感じです。
入社後知りましたが、身元がちゃんとしていて反社会的な人でない限り合格する様です。
その分退職者が多いので。
前職の退職のタイミングなどがあったので合格通知をもらってから入社まで半年くらい後になりましたが、人手が足りなかったようで即戦力として期待されて出迎えられました。

【環境と仕事内容】
土地を持っている地主さんに新築アパートを建ててもらう仕事です。
午前中は、一人一人に地図を渡され、上司の車でその場所まで行き1人ずつ降ろされて営業をします。
地図にある民家を一軒ずつインターフォンを押して、土地を持っているか、家族構成など聞き出し、手応えがあれば見込み客とします。
午後には、午前中に手応えのあったお客さんのお宅に再訪して関係を築き商談まで行ける場面を作ります。
基本的にはその繰り返しで、契約できるまで歩き続けます。
社用車はありますが、契約を取れない社員は朝から夜まで、地図を持ってひたすら歩き営業です。

【大変だった時期】
大変だったのは半年後から。
業務をしながら半年間は新人扱いされますがその後は責任数字もガッツリ科せられます。




【大変だったこと】
営業社員はチームで動くのではなく個人戦なので全員ライバルです。
狙うお客さんがかぶることも多々あります。
先輩は営業のやり方を簡単には教えませんし、できれば優秀な社員はいなくなってほしいと思っています。
なので、新人育成というのは名ばかりで、世渡りがうまくない人は結構意地悪される人もいました。
営業を取れない人も待遇は悪く社員からは無視されます。
本当に空気として扱われるようになるので、心を病む人や突然出社しなくなる社員が多かったです。
やっぱり人間関係がきつかったのが大変でした。
尊敬できる上司や頼れる先輩がいれば踏ん張れることもあると思いますが、人間関係が最悪なので私は目標の貯金額を達成した時に、何の未練もなく退職しました。

【大変だった期間】
入社から退社までずっと。




【当時の心境】
入社2年目くらいからは早く辞めたいと思って毎日過ごしていました。
それでも、契約してくれたお客さんに迷惑のかからないタイミングになるまではと頑張ることができました。
社内にいるときは最悪でしたが、自分のお客さんのことは大好きだったのでそれだけが支えだったと思います。

【職場が大変だった原因】
会社の古い体質だと思います。
本社からは意識改革、パワハラ研修など具体的に行われていましたが現場の社員は40代以上のおじさんなので簡単には変われなかったです。




【仕事で良かったこと】
休日は週1とれないことがほとんどで、夏季冬季休業以外で連休はありません。
死ぬ思いで働いて、やっぱり給料が入った時は嬉しかったです。
今までの年収くらいの月収が振り込まれたときはまた次も頑張ろうと思えました。




【特にひどかった最悪の出来事】
お客さんに怒られることや断られることには随分慣れて後半は何も思わない様になりますが、やはり社内の一部の先輩からの扱いは今でもトラウマ級です。
とにかく、中心人物に目をつけられるとその子分も同じように意地悪をします。
配布物をその人だけ飛ばすとか、いるのに空気の様に扱われる無視が永遠に続くのです。
営業中も、地図のところで降ろされて待っても待っても迎えにきてもらえなかった事がありました。
子供のような無視や嫌がらせは今でも忘れられないくらい辛い経験です。
子分たちは、裏ではごめんね?と軽々しく声をかけてきますがそれもとても悲しかったです。
お金で何でも解決するような人が多くて、血の通った人間関係を気づくのは難しい環境でした。




【相談した人・助けてくれた人】
パートのおばちゃんには何回か頼った事があります。
何年も会社を見てきて社員のことも知っていて、でも社内の政治には関与しないので話を聞いてもらっていました。
ちょうどいい距離感で成績がいい時も悪い時も体の心配をしてくれることがありがたかったです。

【改善のための行動】
本社に訴えました。
直接的にその人に制裁を下すと余計大変になるので、課を移動させてもらった事があります。
コンプライアンスの部署の人たちが支所に来て聞き取りされたこともありますが、私が知らない様なことをヒアリングされたので、自分以外にも訴えている人がいるのだと知りました。




【現在の状況と心境の変化】
3年間死に物狂いで働いて目標の貯金額を達成したので退職しました。
頑張った分のお金は今でもちゃんと残っているし、当時関わったお客さんには今でも可愛がってもらっています。
心は相当削られましたが人生の中の修行の期間だと思えばいい思い出です。
辞めてすぐは思えなかったけど、仕事を離れて2年経った今はそう思える様になりました。

【学んだこと】
職場の人間関係においてのスキルは上がったと思います。
みんなにいい顔しなくても、信じた人を信じる事が大事。



【当時の自分へのアドバイス】
会社で頼りになる先輩に憧れたり、同じ目標に向かって努力する、ドラマのような人間関係には期待せず、とにかく契約をたくさんとって短期間でこの会社は去った方がいい!ここに執着していると、心も体も壊れてきってしまって何にもできない様になってしまうから早めに見切りをつけて、やりたいことをたくさんやってください。