【広告営業】聞く8割話す2割で人の話をちゃんと聞くこと!2わりのなかで93%の思いを伝える!

【広告営業】聞く8割話す2割で人の話をちゃんと聞くこと!2わりのなかで93%の思いを伝える!

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
25歳

【当時の職業】
広告営業

【当時の住まい】
大阪市内に賃貸マンションで一人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
当事者意識を持って仕事をしたかったからです。
そんなことにもきょうみはなかったけど、父が経営者として働いている姿を見て自分も責任感のある仕事をしようとかんじました。

【環境と仕事内容】
新規開拓、既存顧客、研修、web広告をあつかっており、グループでのに技は30人前後、会社規模では大阪だけで300名以上
お客様はきほんてにサロンオーナー、土日休み、お客様は オーナー意識が高い人もおられれば、ボチボチ系の人もいらっしゃる。
お客様が私と話す前と後で気持ちが前進していたり前向きに切り替わっていただくことも私たちの仕事です。

【大変だった時期】
入社半年はずっと大変だった、今も大変ではある




【大変だったこと】
当事者意識をもつことが会社として推奨していることなので当たり間のことではありますが、前世業務がわからない段階から既存顧客対応などが大変でした
自分の理解力の遅さや情報の少なさで対応が遅くなり!残業につながる、
おわっても自分の時間の確保がなかなかできなくて夜更かししてしまったり、負のサイクルだってある、自分をコントロールできなくなるときもありました。
自分の時間が確保できないことがすごくストレスで、他の趣味に手がつかなかったり、すぐに寝てしまったり、そしてまた朝がくることにも嫌な気持ちになったりしていました。
感情で仕事をしてしまっていることが原因だとかんじましたが、それも社内の研修で気づくことができました。

【大変だった期間】
いまも続いております




【当時の心境】
正直まだわからないことからの不安が怒りになったりもした!ただやっていくうちにわかるようになったことは達成感だった
営業なんて、断られる怒られる、無理されることがほとんどだけど、求めてくれている人もいる。

【職場が大変だった原因】
自分の情報量のなさ、会社の方針と自分のプライドに誤差が生じている場合は、人のせいにしていました
そんなときは、イライラしている自分がすごく嫌になったりもしました




【仕事で良かったこと】
感謝の気持ちを直接伝えていただけたこと。
大変な職場ではあるけれど、「ありがとう」と言われたときは、すごくやっててわかったな、地道だったことも花が咲いたなと感じられるときです。
営業の醍醐味だなとこんじております。




【特にひどかった最悪の出来事】
受注の際、何回も連絡して、温度感の高い人と繋がったら、温度感の低い人と話していても、自分の人柄に興味を持って頂いたりして、接触できることは嬉しい。
その上で現状には迷われているけどここに賭けていいのか??と迷われている時、私と頑張らせてくださいとお伝えし、そのお気持ちが伝わり、受注にいたったことは嬉しい、その分仕事量が増えていき!タスク漏れや作業漏れの増加にすごく嫌悪感を抱いていた、組織の人への対応をあらくなってしまったり、報連相がおくれてしまったりじこはんだんでかんけつしてしまったり、連絡などが遅かったり、漏れてしまったりすると、すごく自分がいやになる、それが自分の最悪な出来事であり経過です。




【相談した人・助けてくれた人】
2つ上の先輩。
すごく自己開示してくださり、プライベートなことでも話せる仲。
すごくたすけられています。
一緒にご飯に行ったり2人のじかんをつくっていただいたり、泣いたり、笑ったり、その先輩とは思い出がいっぱいです。

【改善のための行動】
知識を詰め込むこと。
事前にしらない、興味のないことでも情報を詰め込んで、先の見えない未来のアウトプットのためにインプットすること、わからなくてもわかる人やわかりそうな人に情報を聞くことで新しいインプットを増やすこと。




【現在の状況と心境の変化】
もっと知識を増やしてイレギュラーなことがあっても、対応できる自分になろうと思いました。
最初は人にも興味がなかったし、面白さも持てなかったけど、周りを見て置いて行かれているのも嫌だし、追いついて追い抜こうと思いました。
自分がこの先どんな道に進んでも誰からにも背中を押してもらえる自分になろうと感じました。

【学んだこと】
イレギュラーなんて当たり前、プロとして自信を持って話すことです。
自信のなさは相手に伝わる、お客様からすれば入社1ヶ月でも10年でもプロとして認識されるから、新人のフリはしない。



【当時の自分へのアドバイス】
大丈夫、できるからちゃんと立ち向かえ!って思います。
1%の成功のために99%のしんどいことでも乗り越えられる自分に期待をして立ち向かって欲しいとかこの自分にもかんじるし、今の自分にも感じます。
もっと目先のことだけじゃなくて先のことを見てワクワクしている自分に期待してほしい!最近になって気づけたことでもあります。