カーディーラー営業。万年鳴かず飛ばずの私、厳しいノルマに追い立てられ今の自分は何がしたいのか行方不明な話し

カーディーラー営業。万年鳴かず飛ばずの私、厳しいノルマに追い立てられ今の自分は何がしたいのか行方不明な話し

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
40歳

【当時の職業】
カーディーラー

【当時の住まい】
一戸建て、結婚しており、子供も2人いました。

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今も同じ職場で働いている





【就職のきっかけと経緯】
車が昔から好きで、元々は営業とは全く関係のない仕事をしていたが、40歳手前で転職を決意しカーディーラーに就職しました。

【環境と仕事内容】
 店舗にて平営業として販売活動を行います。
ただ、単純に車を買いに来る方はほとんどおらず提案書を作成し、サービス来店される客様への提案でお乗り換えを促していきます。
 が、これも中々思うようにポンポンと乗り換えていただくことも難しく、必死に提案書を作成郵送し、TELを行い見込み客を必死に探して商談に結び付けます。
 休日は週2日ですが、繁忙期にはなかなか週に2日も休んでいられません。

【大変だった時期】
入社して最初から大変でした




【大変だったこと】
 頻繁ではありませんが、クレーム対応がしんどいです。
車なんて何万点ものパーツが組み合わさって出来ているのだから、走れば何かしら音が鳴るのものです。
それを「異音がする」ということで何度も何度も見ないといけません。
お客様によっては「車返すから金返せ」くらいの大クレームになることもありとても面倒くさい事になるときがあります。
 また、営業通しでも一応担当客はあるものの、勝手に商談して商談の成立を持っていかれることもあります。
平の営業であることから、なにも言うことができす。
つらい思いをすることもしばしばです。
 労働時間は長目です。
大体、9:00〜21:00くらいが拘束時間になります。
更にお客様の都合により出勤時間が早くなることも、遅くなる時もざらにあります。
みなし残業ですので残業代は出ません。
休日も取れるようで取れず、とてもしんどいです。

【大変だった期間】
今でも続いています。
そしてこれからも延々と続いていくと思います。




【当時の心境】
 とてもしんどかったです。
でもどちらかというと「今に見とけよ」と。
やはり、とてもつらい日々が続いても1件商談成立するだけですべての疲れは吹き飛んでいきます。
ただ、目標台数という名のノルマがありますので、1カ月間達成したとしても翌日になればすべてリセット。
永遠続くこの呪縛からどうにか解き離れたいとは思いますが、営業職である以上これは不可能ですね。

【職場が大変だった原因】
仕事の内容としては当然だとは思います。
ただ、ただでさえ成約率が低いのに平気で先輩や上役が商談を持って行ってしまうのはつらいです。




【仕事で良かったこと】
それはなによりも目標数を達成した時です。
カーディーラーは車だけを売る仕事ではありませんので、その他にも様々な付帯商品を獲得しないといけません。
お客様から購入していただいたときに〇〇さんだから購入したと言っていただけるのは、正直うれしいです。




【特にひどかった最悪の出来事】
 なんといっても高い買い物ですから完璧を求められます。
幾重にもチェックはしますがやはり抜けている時がたまにあり、例えば塗装面に傷があったり、内装に傷があったりあすると、納車時に受け取りを拒否されるケースがあります。
 とは言え、こちらで出来ることは補修しかないのですがお客様は納得されず「新しい車に変えろ」「キャンセルするから金を返せ」などと迫られ長時間・長期間にわたってもめ続けました。
 当然、そんな事があったらこちらもメンタル的にどうしても落ち込むことが多く、自然と営業成績も落ちていくものです。
どうあがいてもお客様の登録とされているのでそれを今更なかったことにはできません。
上司と何度も何度もおきゃう様宅へ足を運び、今後のメンテナンスサービスで借りを返していくということで収まりましたが、そういうお客様ってこちらが腫れ物に触るように接客するためかいつもピリピリされており、正直しんどいです。




【相談した人・助けてくれた人】
 これは上司に出てきてもらうしかないので、一緒に対応しました。
ただ、この出てきてもらうさじ加減が難しく。
お客様ときっちり話ができていない状態で相談に行っても「自分で話しが進められていない状況で相談してくるな」と追い返されますし、話しが進む中でにっちもさっちもいかない状況で相談に行くと「もっと早くに相談できたはずだ。
こうなる前に何で報告しなかったんだ」
と責められます。
 早めに報告だけすると面倒くさがられて聞いてくれているの聞いてくれていないのか…。
そういう面では上司に相談しにくい環境がしんどいのかもしれません。
ただ、結果的には上司と一緒に対応し話しもまとまっているので結果的には感謝はしています。

【改善のための行動】
 改善するためにはやはりチェックリストの作成です。
とはいってもチェック項目が山のようにありますので、これを全てこなしていては全く仕事が進みません。
 のど元過ぎればなんとやらで、結局忙しい流れのままにつられて仕事をしています。
ただし、初めから面倒くさそうなお客様のものはしっかり確認しています。




【現在の状況と心境の変化】
 1番大変だった時期から4〜5年たちますが基本的には変わりません。
メンタル的には鍛えられた感がありますが、少しのミスで気落ちが突然落ち込むこともあるので、鬱寸前なのかもしれません。
あんまり、家族に話しても分かってもらえないですしね。
性格上、同僚などに相談することが出来ずノラリクラリやっている感じです。

【学んだこと】
 結局自分の身は自分で守るのが一番です。
そのために色々な技術や知識を得ないといけないので、最初の3年は血を吐く努力が必要だと思いました。



【当時の自分へのアドバイス】
 最初は本当にしんどいけど、知識がないのは悪。
もっと様々なスキルを身につけないといけない。
知識があることが避けれるリスクもたくさんある。
 逆に経験でしか得られないスキルもあるからそれは気にしない。
また、遠慮がちな性格は早めに直すのが良い。
ズケズケ行き過ぎかな?と思うくらいで丁度良い。
そういう性格の人は他人が思うほどズケズケしているように見られていない。
 こういったことは自分では分からないことも多いから、先輩に聞いてみるのが良い。