食品の営業。人間関係が悪く居心地が悪かった。人と関わりたくないと思う毎日だった。毎日辛かった。

食品の営業。人間関係が悪く居心地が悪かった。人と関わりたくないと思う毎日だった。毎日辛かった。

【性別】男性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
20歳

【当時の職業】
食品

【当時の住まい】
賃貸アパートで一人暮らし

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
今まで食品系、飲食でしか働いたことがありませんでした。
自分が経験した仕事に関する職業だったということもあり、ちょっとした興味本位で働いてみました。

【環境と仕事内容】
 まず、人間関係はあまりよく無かったです。
個人の性格が違うのもあって上手く噛み合わないことも多く、ちょっとした言い争いもしばしばみられました。
 仕事内容は、飲食店に商品を持っていき、説明して契約をもらい、その後に定期的に発注してもらうような契約を取る仕事でした。
 社員の人数は、自分のいた営業所ではおよそ20人でした。
営業所長を始め、残りは平社員でした。
規模が小さかったということもあり、役職はそれだけでした。

【大変だった時期】
転職し、入社して半年くらい経った頃




【大変だったこと】
 まず始めに人間関係が悪かったです。
契約が取りづらいことも要因となり、みんなピリピリしていました。
派閥を作る人も孤立する人もいました。
喧嘩になったりのトラブルはなかったものの、常に雰囲気は悪かったです。
 給料は固定でしたが、残業代はほとんど出ませんでした。
タイムカード式だったんですが、定時にタイムカードを切って、その後にサービス残業をしていました。
残業代の代わりに就業手当みたいな手当が付きましたが、報酬額は決して多くはなかったです。
サービス残業をちゃんと貰えていれば手当の倍はもらえていたと思います。
 クレームとかはほとんど無かったです。
こちらのサービスには満足していたのですかね。
労働時間というよりも会社にいないといけない拘束時間が長かったと感じました。

【大変だった期間】
入社して半年から一年の間




【当時の心境】
 正直他の仕事に転職したいと常に思ってました。
人間関係も良くはなく、給料も安い。
このままでいいのかという不安はずっとありました。
仕事はどうしても楽しいと思えなかったので、休みの日には趣味や好きなことに没頭してました。

【職場が大変だった原因】
 人間関係の悪さだったと思います。
契約を取りづらいのも要因となり、一人一人がイライラしたりしてました。
人に当たることは無かったのですが、口喧嘩はたえませんでした。




【仕事で良かったこと】
 契約を取った時はとても嬉しかったですね。
自信もない自分だったので、契約が成立したときは胸を張って会社に戻れました。
他は、契約して頂いていた企業に定期的に訪問させてもらっていたんですが、そこの社員さん方はとても気さくで優しかったですね。




【特にひどかった最悪の出来事】
仕事が辛すぎて精神的に病んでしまい、うつ病になりました。
それを会社に報告するも人材不足の関係もあってりょうようの休職も認めてもらえませんでした。
抗うつ剤を飲みながらの仕事の毎日、とても辛かったです。
それに伴って遅刻も増え、減給処分もありました。
他の社員からの信頼もなくなり、ついには取引先からの信頼までも失いつつありました。
会社では孤立し、心配の声をかけてくれる人間もいなかったです。
うつ病は自分に甘えている、気持ちが足りないなどの言葉ばかり言われてました。
別に迷惑掛けたかったわけでもないし自分だってちゃんとしたかったのに精神的に辛かった。
ただそれだけなのに誰も自分の気持ちを汲み取ってくれる人間はいませんでした。
そして退職を決意。
辞めたときは嬉しくて堪らなかったです。




【相談した人・助けてくれた人】
うつ病になり、周りの人達に伝えるも信じてもらえませんでした。
診断書も見せたのに偽装だ、仕事を増やすななどの痛い言葉をかけられました。
そこから人間不信になり、ずっと一人で抱え込みながら仕事していました。
職場でも自分から発言することも無くなりました。

【改善のための行動】
同じ部署に同期がいました。
その同期とは契約を取る為にも競い合い、励まし合いながら仕事に精を出しました。
先輩には及ばないものの、契約は他と比べて多く取れました。
競い合える仲間がいるだけでこんなにも違うのかと実感しましたね。




【現在の状況と心境の変化】
会社を辞めて3年が経ちました。
前は毎日が地獄のような日々でした。
今はやりたい仕事に励んでいます。
給料には満足はしていませんが、好きなことを仕事にできてモチベーションが落ちづらくなりました。
辛いこともありますけど、一度地獄のような日々を体感しているのでそれに比べたらと思うとまだマシだと思えます。
今後の為にももっと励みたいと思います。

【学んだこと】
本当に無理だ、辛いと思った時には逃げていいと学びました。
限界がきてからでは遅い、限界が来る前に避難することでまたやり直せると感じました。



【当時の自分へのアドバイス】
会社に対する不満や怒りが50%を超えた時、辞めていい。
働き手は沢山あるのでそこにずっといないといけないわけではない。
無理して嫌な仕事を続けるよりも、新しい環境で心機一転した方が心にも身体にも余裕ができる。
言いたい事、意見したいことはしっかりという事。
周りに流されて意見をしないよりは言ってダメだった方が気持ち的に楽。